Tue

03

Dec

2013

Letters of St. Francis Xaiver

先日から”The Life and Letters of ST. Francis Xavierという1872年にロンドンで出版された本をオンラインで読んでいます。

 

邦題で言えば、「フランシスコ・ザビエルの手紙と生涯」になりますが、この本、やばいぐらい面白いです!

日本に初めてキリスト教を伝えたイエズス会宣教師ザビエルの生涯を手紙を通じて紹介したものですが、ポルトガル人のザビエルが日本という異文化の地で、いかにキリスト教を日本に広めることができるのか?当時の日本の様子はもちろん、文化の違い、布教の試行錯誤、そしてザビエルの希望、自信と落胆の生々しい言葉を随所にみることができます。

 

たとえば、当初、日本語通訳のAnjiroから日本人の特質・文化を聞き及んで、文化が高いからこそ、日本はキリスト教を受け入れる土壌があり、宣教師が日本語さえ習得できれば、大多数の日本人がキリスト教に改宗すると信じていたようです。

 

しかし、実際のところ、分かったことは、日本人は真実を希求する心が強く、いわゆる、地球は丸いとか、雨が降る原因といった自然科学に対して熱心に耳を傾け、素直に受け入れるものの、キリスト教の教には、常に質問の連続で、時に矛盾を厳しくつかれ、答えに窮したことにショックを受けたようです。

 

特に、私が面白いと思ったことは、ザビエルが「仏教僧侶は我々の最大の敵!」と認識していたこと。また本国イエズス会に「日本に宣教師を送る際は、くれぐれも教養の高い人物を厳選して送るように」と手紙にあることでした。

 

この中に、当時の日本人(山口の人)がキリスト教への改宗に疑問をもっていた、という以下の記述があります。

全知全能と言われ、愛され、賛美される神ともあろう方が、どうして今の今まで(ザビエルが鹿児島に到着する以前に)、日本に現れ教えを広めることができなかったのか?

 

またキリストの教えに会うことができなかった我々の祖先は、当然、異教徒ということになり、地獄に落ちて永遠に苦しまなければならない。救う手立てもない?果たして、それが全能者のすることでしょうか?」と。

 

思うに、キリスト教の布教というのは、異教徒に対しては冷酷な面があり、反キリストのたどり着く先には恐ろしい永遠の地獄があります。

つまり、仏教徒を含め神を信じない者は、基本的に、全員が地獄行き。キリスト教の救済や慈愛は、同朋たる信者や改宗者へのものであって、彼らがいう地獄に落ちたものに対しての救いの手は絶対にありません。

だからこそ、生きている間に、キリスト教に改宗しなければならない、という強い論理になろうかと思いますが、このことは、キリスト教が他者たる異教を常に意識した、仲間意識の強い宗教であると、私は考えています。

 

一方で、仏教の慈悲は人を選ばないといえます。また、地獄も永遠のものではありません。仏教徒と非仏教徒という対立概念ではなく、たとえ、異教徒であっても、たとえ地獄に落ちたとしても、いや、逆に地獄に落ちた人だからこそ、救いの手を差し伸べたいし、救われることもできる。大乗仏教の広まりとともにい、仏教の慈悲は寛く深い意味をもったと思います。

 

今もまだ読んでいますが、この本の面白い点がもう一つ。

 

それはローマ字表記の日本語はもともと何であるのか?どのように翻訳されたのか?ということです。

 

たとえば、手紙の中に、Bonzeという言葉が沢山でてきますが、Bouzu(坊主)という言葉を、実際にザビエルが耳で聞き取って表記されたものがBonzeになったことが分かります。

 

また、日本で一番長く滞在した場所であるYamaguchi(山口)は、

Amanguchiと表記されています。

 

他にも、

 

Meacoは、都(Miyako)。

Kiou Siouは、九州(Kyushu

Xacaは、釈迦(Shaka

 

などなど。

前後の文脈で、言葉の意味を類推して読む楽しさがあります。

 

 

I have been reading  “The Life and Letters of St. Francis Xavier” online, which was originally published in 1872 in London.

 

Francis Xavier (1506 – 1552), who was a co-founder of the Society of Jesus, was well known in Japan because he was the first Christian Missionary in Japan.    As a Catholic Missionary, first, he was sent to Goa, India, by King John III of Portugal then he had an interest going to Japan after meeting a Japanese interpreter, called “Anjiro.”  It was in 1549 when Xavier with Anjiro arrived at Kagoshima, Japan.

The book is to introduce the life of Xavier through his letters which I found so interesting.

In the beginning, Xavier found Japanese were kind, honest and  he thought because Japanese culture was so advanced,  Japan was ready to accept the Christianity.   In the letter, he wrote to the Society of Jesus,

“One thing which I very much wish you to know, in order that you may give great thanks to God is, that this island is well fitted and prepared to receive the Gospel. If we all knew the language, I do not doubt but that a great many Japanese would become Christians.”

 

Xavier often had conversations or disputes with bonzes (Buddhist priests.)  It was interesting to know the word “bonze” came from the pronunciation of 坊主(bouzu),meaning priest , and found bonzes were his greatest enemies.

 

I think he had a feeling to show off what he accomplished in Japan,  Xavier said in his letter that he was able to convert two bonzes and 500 people to Christians.   However, Xavier found it difficult to convert Japanese to Christians as he knew more about Japanese.

 

“The Japanese were hungry for truth: they had minds that could see the difficulties which revelation presents, especially when it is historically considered; and the men who were to feed them

with truth must be able to stand up against questionings, some

of which, coming straight from the unsatisfied cravings of the human mind, breathed all the subtlety of the scholastic disputations with which he had been familiar when he first made the acquaintance of Ignatius.”

 

The troubles he saw before their baptism was their questions.

 

“If God is almighty, why he didn’t appear in Japan before Xavier’s arrival at Kagoshima?”

“Because our ancestors had no chance to be followers of God, what happened to them after their death?  Where are they now?  Are they in hell? ”

“Why almighty God cannot save our ancestors from hell?”

 

I sometimes feel Christianity is cruel to non-Christians.  According to their belief, non-Christians are going to hell.  And once people fell in the hell, there is no way out.   This is just like Xavier said, “a thing which is already done with can never be undone.”  

 

On the other hand, I feel it’s not so important whether you are Buddhist or not.  Non-Buddhists don't need to go to hell.  What you did and what you do can cause you where to go.   The one who goes to hell must have a reason.  But hell is not eternal.  There is also a way out from the hell.

 

I'm hoping I could share something interesting from this book in the future.

 

 

Write a comment

Comments: 0